今日は卵のお酒の話を少し・・

  • 2014.06.11 Wednesday
  • 06:58
今朝は少し肌寒くしっとりとしたここ千葉の田舎から発信します。
さて、今日はリキュールについてのお話です。その名も【ADVOCAAT アドヴォカート】西洋の卵酒と言ったところでしょうか?原材料のレシピはブランドによりさまざまでしょうけれど、主にブランデー・卵黄・卵白・はちみつ・砂糖・香味成分などです。香味成分はフェンネル、レモン果皮、バニラ・キルシュワッサー、マラスキーノなどのようです。

起源は「これを飲むと雄弁になる」ことからオランダ語で弁護士を意味するアドヴォカートと名付けられた事が有力のようです。

日本では主にカクテルなどで使われますが、オランダ人はデザート感覚で生クリームとこのアドヴォカートを一緒に食べるなんてこともするようです。


べンフライドエッグ(ドイツ)キャップがかわいい・・

ワニンクス社のアドヴォカート(オランダ)王道?!


露店の画像から(ベルギー)お土産にしたいですね。


アイス&アドヴォカート
*画像は引用させていただきました。

これから暑くなりますのでアイスとアドヴォカートなんてちょいと大人のデザートとしても、食後のデザートリキュールとしても、パーティーの脇役にも活躍するかもですね。度数は15〜20°位ですね。日本酒くらいかな。バニラの甘〜い香りと卵の優しい感じが美味しい逸品ですね。私も個人的に好きです。結構甘いですけどね・・今日は卵のお酒に関する小話でした。

おしまい。

たまごのカイシン農場通販サイト

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM